一般財団法人 九州電気保安協会

業務案内

保安管理業務

身近にある施設の安全を支えています

「電気主任技術者」としてお客さまとのご契約により、ビルや工場等に設置された電気設備の維持・運用(保安管理)をしています。

お客さまの電気を守る。
オフィスや工場、コンビニなど、電気は生活に欠かすことのできないもの。
皆さんの職場の電気を支えていく仕事を私たちは行っています。

お客さまとのコミュニケーションを大切に

点検業務を開始する前にはお客さまへご挨拶を行います。
気になるところ、不安なところを伺いながらお客さまの目線に立って電気の問題を解決していきます。

電気主任技術者という役割。

高圧電気設備を設置している会社や事業所は、法律によって「電気主任技術者」を置くことが義務付けられています。
しかし、お客さまにとって「電気主任技術者」を職場ごとに専任することは、負担があるため、一定の条件を満たす場合については、保安法人に委託することが法律で認められています。
このように私たちはお客さまと法律に基づいて契約を結び、保安管理を実施しています。

電気設備の電圧や電流の大きさ等が適正なのか確認します。
また、電気設備の過熱による変色・異音等がないか指差し確認(呼称)を行いながらひとつひとつの項目をチェックしていきます。
保安管理業務には、月次点検(月単位での目視・稼働状況の点検)と年次点検(3年に1度の停電しての精密点検)があります。

点検の報告もしっかりと。

点検時に気付いた点は、お客さまに分かりやすくご説明し、不測の事態を未然に防ぐよう努めています。

24時間365日、電気の安心を。

24時間365日、電気のトラブルが起こった際に資格を持った者が駆けつけられる緊急対応体制をとっています。

時には、緊急でお客さまのもとへ
駆けつけることも。

電気設備が停止することは、お客さまにとっては大変な問題です。
少しでも早く現場へ到着し、問題を解決できるよう復旧に必要な工具・測定器等を、常時配備し万全な体制をとっています。

技術的なサポートが、私たちの仕事。

私たちの主な仕事は、月次・年次の定期点検や緊急時の点検です。
技術的なサポートやお客さまへの助言を行い、電気を安全に利用して頂けるよう努めています。