一般財団法人 九州電気保安協会

特集 ワタシと、九州電気保安協会

ワタシと、
九州電気保安協会

社会人編

PROFILE

亀田 慎太郎さん / 社会人

毎日仕事に忙しい社会人は家のことを何かと疎かにしてしまいがち。
そんな暮らしの中でも、九州電気保安協会とのつながりも実はたくさんあるのです。
亀田さんの社会人生活の様子からそのつながりを覘いてみましょう。

「あれ?なんだこの紙は?」
4年に一度の電気安全調査です。

仕事が終わり家に帰ると、郵便受けに九州電気保安協会から1通のお知らせが。 なになに?電気安全調査の事前お知らせ?へ~!こんな風に事前に訪問日を通知してくれるのか~

初回訪問連絡表(※クリックで拡大)

事前のお知らせには、いつ、どんな点検をしてくれるかまで 記載してあって具体的にイメージできるので安心。不在でも、依頼をすれば後日屋内の調査を実施してくれるのも嬉しいですね。

そういえば、九州電気保安協会って
わたしの会社でも見かけるな~。

わたしの勤める会社にも、九州電気保安協会の方が訪問されているのを見かけることがあります。
電気設備に潜む危険個所の特定や点検・測定・試験など行ってくれているらしいです。企業にとって電気は無くてはならないライフライン。24時間体制で停電や電気のトラブルにも迅速に対応してくれる。とても頼もしい存在ですよね。
あまり表には見えないけれど、こういった方達の努力とサポートで生活できているんだと、気づかされました。

九州電気保安協会では、工場やビル、ショッピングセンターなど電気トラブルが起こらないように定期的に点検を行っています。

会社と言えば...みなさんの会社の
デスク周りは大丈夫!?
会社にも電気の危険は潜んでいます。

九州電気保安協会では家の電気安全調査を行ってくれますが、電気の危険は何も家だけに潜んでいるとは限りません。例えば、みなさんのデスク周りは大丈夫ですか?ちなみにわたしのデスク回りはこんな感じ!パソコンの電源や携帯・スマー トフォンの充電器、はたまたUSBなど...。しかも埃かぶっちゃってるし。実はこの状態、とっても危険なんです。いつか大事故につながる前に、その危険性を知っておきましょう。

このようなタコ足配線はとっても危険!
一度にたくさんの電気製品を使用すると、容量オーバーで発熱し発火したりします。

家の電気安全調査だけでなく、会社や施設の電気安全を守っている九州電気保安協会。
社会人の生活の中にもつながりが実はしっかりあるんですね。
亀田さんが感じたことを最後に聞いてみましょう。

社会の中でもわたしと実はつながっている。
それが九州電気保安協会。

九州電気保安協会は電気事故やトラブルを防ぐため、家だけでなく、様々な会社や施設を守っている。しかも24時間体制で!電気を使えるのは当たり前のことだと考えていたわたしにとって、日夜電気の安全を守り、生活を守ってくれる心強い組織だと感じました。
そして、電気事故につながる原因が身の回りにたくさんあることにも気づくことができました。
自分の周りで改善できること、たくさんありますよね。電気のトラブルを起こさないためにも危機管理しっかりやっていきたいです。

※当ページは広告としてタレント・モデルの方に出演頂いております。